【13の月の暦】☆KIN118/白い磁気の鏡

2018.6.5 Todays calendar

【13の月の暦】kin118 白い磁気の鏡

こんにちは、ライフクリエイター山下千草です。
暦を活かして機嫌よく生きる。日常を整える。
いつも読んでくださって有難うございます。

Todays calender☆日々、下記について確認してみてくださいね。



『13の月の暦』の日付では
黄色い水晶の種の年
水晶の月7日 白い磁気の鏡 kin118

13の月は12番目の『水晶の月』
キーワード【Cooperation】協力
【Dedicate】捧げる
【Universalize】普遍化する

生きとし生けるすべてに自分自身をどのように捧げるのか?
How can I dedicate myself all that lives?

太陽の紋章『白い鏡』

  • 果てしなさ【Endlessness】
  • 映し出す【Reflects】
  • 秩序【Order】

銀河の音1『磁気の』

  • 目的【Purpose】
  • 統一する【Unity】
  • 引きつける【Attract】

「白い鏡のウェイブスペル」の13日間(6月5日〜6月17日)

  • 【Endlessness】果てしのないこと、無限、無数、循環、終わりのないこと
  • 【Reflects】映し出す、反射する、反響する、反映する
  • 【Order】(社会の)秩序、(自然の)秩序、道理

鏡のように、あなたの心・想い・行動を映し出す13日間☆
それらを見つめ、あなたの原点を整理してみましょう。

ツォルキンでも、第7列の背骨にあたる部分に入っていきます。
在り方・考え方が非常に大切になります。
宗教的、精神性のの高い期間。目に見えないものを、より大事にする期間。
いつもに増して、感謝の気持ちを大切にしましょう。
お墓参りや参拝、儀式的なことも元気になりますよ!

大転換・変容「燃える青い西の城」の52日間(5月23日〜7月13日)

  • 大きな変化、変容が起きやすい
  • 停滞や形骸化を防ぐために変化が不可欠な時期
  • 揺さぶられることでマイナス面があぶりだされ、さらに魂に磨きがかかります
  • めまぐるしく動き、非常に忙しい時期でもありますが、流れに乗れば物事を大きく発展させられる時期
  • 思い切った行動や勝負に出てみましょう!

<kin118のメッセージ>
今日は、自分は何を貫き通したいか考えてみましょう。
混乱してる状況に終止符を打つためのアイデアを考えてみましょう。
突破口は自分自身の中にあります。出発点の固い決意が大切です。


<地球暦>
ー惑星会合ー
金星と海王星の開きです

惑星会合とは、
太陽を起点として、同じ側に二つの惑星が太陽と一直線に並ぶときが「結び」、二つの惑星が太陽を挟んで一直線に並ぶときが「開き」


「白い鏡のウェイブスペル」の13日間に入りました

この「白い鏡のウェイブスペル」と次にくる「青い猿のウェイブスペル」期間中、ツォルキンの第7列を通過します。
以下、私の他ブログの過去記事をリライトする形でご紹介します。

このど真ん中の列(K121〜K140)ですが、別名「ツォルキンの背骨」「神秘の柱」「ブッダの背骨」なんて呼ばれます。
宇宙に繋がりやすいともいわれるところです。
GAPが一日もありません↓↓↓


  ここは、自分自身がエゴを捨てて宇宙と通じることができれば安定のエネルギーを受けとることができる期間。
ただ単に宇宙に繋がりやすい、というより自分から意識を持って初めて繋がりやすくなる、という期間のようです。
大転換・変容の「燃える青い西の城」に、この期間があるということは「変化の波に翻弄されない」ためでもあるのです。

天に仕える宗教的・精神性の高い期間

さてこの20日間ですが、「白い鏡の13日間」と次にくる「青い猿の13日間」で構成されています。
自分自身をしっかりと見つめ、何ゆえの変化なのか、そしてどこに向かうのかを掘り下げていく期間。
だからこそ内面を磨く「白い鏡」と高い精神性の「青い猿」が並ぶ期間だったりするのです。
目に見えないものを、より大事にする期間。いつもに増して感謝の気持ちを大切にしましょう。

自分自身の杭をうつとき

ツオルキン第7列は「背骨」「柱」の部分。
しっかりとした自分自身の杭をうつとき。
「コア」な期間なんです!
ブレない自分であるために、これでもか!というくらい揺さぶりがかかります。
でも、だからこそこの期間中、自分自身の確認ができるのです。どーんと構えて、深く広く強い杭を打ち込みましょう!

260日の折り返し地点

ツォルキン260日の折り返しに入っていきます。
後半のK131〜K260をスタートさせるために、準備をする期間。
ど真ん中であり、中庸の柱になります。偏ることなく調和の取れた生き方を、という意味も。
偏らない心、とらわれないない心、こだわらない心でお過ごしください。
背筋を伸ばして前方やや上方を見つめて進みましょう♪ 

インラケッチ☆今日も素敵な一日を♪

関連記事

  1. 【13の月の暦】☆KIN57/赤い倍音の地球

  2. 【13の月の暦】☆KIN116/黄色い水晶の戦士☆魔術のカメの日

  3. 【13の月の暦】☆KIN64 GAP/黄色い水晶の種

  4. 【13の月の暦】☆KIN71/青い律動の猿

  5. 【13の月の暦】☆KIN53/赤い磁気の空歩く者

  6. 【13の月の暦】☆KIN222/白い磁気の風 GAP

  7. 【13の月の暦】12月28日☆KIN64 GAP/黄色い水晶の種

  8. 【13の月の暦】☆KIN123/青い律動の夜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。