【13の月の暦】☆KIN135/青い倍音の鷲

2018.6.22 Todays calendar

【13の月の暦】kin135 青い倍音の鷲

こんにちは、ライフクリエイター山下千草です。
暦を活かして機嫌よく生きる。日常を整える。
いつも読んでくださって有難うございます。

Todays calender☆日々、下記について確認してみてくださいね。



『13の月の暦』の日付では
黄色い水晶の種の年
水晶の月24日 青い倍音の鷲 kin135

13の月は12番目の『水晶の月』
キーワード【Cooperation】協力
【Dedicate】捧げる
【Universalize】普遍化する

生きとし生けるすべてに自分自身をどのように捧げるのか?
How can I dedicate myself all that lives?

太陽の紋章『青い鷲』

  • ビジョン【Vision】
  • 創り出す【Creates】
  • 心【Mind】

銀河の音5『倍音の』

  • 輝き【Radiance】
  • 力を与える【Empower】
  • 命じる【Command】

「青い猿のウェイブスペル」の13日間(6月18日〜6月30日)

  • 【Magic】魔法、魔術、呪術、魔法をかけること
  • 【Plays】遊ぶ
  • 【Illusion】幻想、幻覚、幻影、幻、三次元的な錯覚、大掛かりで幻想的なマジックショー

魔術のチカラが働く☆
今までの流れが変化・変容しやすいポイントです。
大転換・変容の「燃える青い西の城」においても重要な13日間です。

大転換・変容「燃える青い西の城」の52日間(5月23日〜7月13日)

  • 大きな変化、変容が起きやすい
  • 停滞や形骸化を防ぐために変化が不可欠な時期
  • 揺さぶられることでマイナス面があぶりだされ、さらに魂に磨きがかかります
  • めまぐるしく動き、非常に忙しい時期でもありますが、流れに乗れば物事を大きく発展させられる時期
  • 思い切った行動や勝負に出てみましょう!

<kin135のメッセージ>
今日は、自分の心に真実は何かを訊いてみる日。
大切なポイントは、判断するのではなく真実を聞き出すこと。
答えが得られたと思うものを大切に。心の声が信じられないときは「一時保留」にしておきましょう。


<地球暦>
ー惑星会合ー
水星と海王星の開きです

惑星会合とは、
太陽を起点として、同じ側に二つの惑星が太陽と一直線に並ぶときが「結び」、二つの惑星が太陽を挟んで一直線に並ぶときが「開き」


昨日の夏至の日、みなさんはどのように過ごされましたか?

陽極まりて、陰となす
エネルギーの陰陽の切り替わりの日であります。
太陽=陽のエネルギーが全力で地球に注がれる日であり、一年で一番昼が長い日☆

昨年の実体験により、濃い〜一日を予測していたのですが、、、
(昨年の夏至の日は運命キンは「赤い月」ガイドは「赤い空歩く者」のエネルギーが流れていました)

今回、あまりに穏やかだった〜w

昨日をガイドするのが「白い犬」だったからかな。
「愛」のエネルギーが導いてくれましたね。

そして、セクシャリティーがポイントととれるような、女性性と男性性の統合の日でもあったので

ここから、この先新しいセクシャリティーの世界へと入っていくのだと感じました。

なんだか、とっても“ピンク”な世界がやってきそうです。

私自身もずっと「赤」or「白」と、使い分けて突っ走ってきた感じがしますが、その自分の中の在り方も昨日で収束したような、そんな気配を感じました。

自己の本質へ、そのままの自分にOKを

藤本さきこさんが、「女は人である以前に女である」といわれていて、

凹なんですよね、女性って。

もともと凹なんです。穴を埋める必要はないんだよね。穴が女性としての個性なんだよね。そこを受け入れることがまず大事。

ようやくそこを受け入れることができたとき、自分の中のそのままの女性性が稼働し始めた☆

ようやく!ゼロ地点〜w

ここから、ピンクでつながる愛の世界へ〜♡

インラケッチ☆今日も素敵な一日を♪

関連記事

  1. 【13の月の暦】☆KIN130/白い宇宙の犬

  2. 【13の月の暦】☆KIN225/赤い自己存在の蛇

  3. 【13の月の暦】☆KIN108 GAP/黄色い自己存在の星

  4. 【13の月の暦】☆KIN128/黄色いスペクトルの星

  5. 【13の月の暦】11月11日☆KIN17/赤い自己存在の地球☆魔術のカ…

  6. 【13の月の暦】12月9日☆KIN45/赤い律動の蛇

  7. 【13の月の暦】7つの放射プラズマ

  8. 【13の月の暦】☆KIN166/白い惑星の世界の橋渡し

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。