【13の月の暦】☆KIN145/赤い月の蛇

2018.7.2 Todays calendar

【13の月の暦】kin145 赤い月の蛇

こんにちは、ライフクリエイター山下千草です。
暦を活かして機嫌よく生きる。日常を整える。
いつも読んでくださって有難うございます。

Todays calender☆日々、下記について確認してみてくださいね。



『13の月の暦』の日付では
黄色い水晶の種の年
宇宙の月6日 赤い月の蛇 kin145

13の月は13番目の『宇宙の月』
キーワード

【Presence】存在
【Endure】持ちこたえる
【Transcend】越える

私の歓びと愛をどのように広げるのか?
How can I expand my joy and love?

太陽の紋章『赤い蛇』

  • 生命力【Life Force】
  • 生き残らせる【Survives】
  • 本能【Instinct】

銀河の音2『月の』

  • 挑戦【Challenge】
  • 分極化する【polarize】
  • 安定させる【Stabilize】

「黄色い種のウェイブスペル」の13日間(7月1日〜7月13日)

  • 【Flowering】開花、最盛
  • 【Targets】目的、目指す
  • 【Awareness】気づき、目覚め、覚醒、認知度

開花のチカラが働く☆
新しい目覚めのとき
奥深くにある輝きを呼び起こす

大転換・変容「燃える青い西の城」の52日間(5月23日〜7月13日)

  • 大きな変化、変容が起きやすい
  • 停滞や形骸化を防ぐために変化が不可欠な時期
  • 揺さぶられることでマイナス面があぶりだされ、さらに魂に磨きがかかります
  • めまぐるしく動き、非常に忙しい時期でもありますが、流れに乗れば物事を大きく発展させられる時期
  • 思い切った行動や勝負に出てみましょう!

<kin145のメッセージ>
今日は、人の背後の悲哀に目を向けてみましょう。
簡単に取り組めることより、抵抗感のあることに取り組んでみましょう。
適度に抵抗感がある方が気力が充実します。


K145-K148は、調波37 輝きの気品を思い出す

易30 離為火(りいか)が照合します。

「離」は火の意。二つの火。「火」の象徴。
情熱的に自分の能力をフルに活用できるとき。だからこそ、謙虚さが大切です。
短気を起こさず、冷静さを忘れないよう心がけましょう。
怒りは禁物。イライラしたら、一呼吸おいて考えてみましょう。
過信注意です。プライドや執着心を手放しましょう。

7月もまた、こゆい1ヶ月になりそうですね。

13の月の暦では、
「黄色い水晶の種」の1年も、いよいよ終わりを迎えます。

そして、占星術の世界では、
7月13日が蟹座新月「部分日食」
7月28日が水瓶座満月「皆既月食」

とくにこの今回の月食は、「DNAレベルで変化する」なんて言われています☆

楽しみのような、少し恐いような、、、w

変化することへの恐れですね。

そこに向かうために、今いろいろなお試しを受けている感じがします。
しかも、問われていることは、どれも同じなので、間違いないですねw

そこで今は、
【Awareness】のために【Targets】を決めて「挑戦」

目指すは、【Flowering】開花〜☆

そんな13日間を意識しながら、行動に移していきましょう♪

インラケッチ☆今日も素敵な一日を♪

関連記事

  1. 【13の月の暦】☆KIN138/白い銀河の鏡

  2. 【13の月の暦】☆KIN121/赤い自己存在の龍

  3. 【13の月の暦】☆KIN55/青い電気の鷲

  4. 【13の月の暦】☆KIN110 GAP/白い律動の犬

  5. 【13の月の暦】☆KIN149/赤い律動の月 GAP

  6. 【13の月の暦】☆KIN117/赤い宇宙の地球

  7. 【13の月の暦】☆KIN107 GAP/青い電気の手

  8. 【13の月の暦】☆KIN51 GAP/青い水晶の猿

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。