【13の月の暦】10月27日☆KIN2/白い月の風

2018.10.27 Todays calendar

【13の月の暦】kin2  白い月の風

こんにちは、ライフクリエイター山下千草です。
暦を活かして機嫌よく生きる。日常を整える。
いつも読んでくださって有難うございます。

Todays calender☆日々、下記について確認してみてくださいね。



『13の月の暦』の日付では
赤い宇宙の月の年
自己存在の月10日 白い月の風 kin2

13の月は4番目の『自己存在の月』
キーワード
【Form】形
【Define】定義する
【Measure】測る

私の奉仕はどのような形になるのか?
What is the form my service will take?

太陽の紋章『白い風』

  • スピリット【Spirit】
  • 伝える【Communicates】
  • 呼吸【Breath】

銀河の音2『月の』

  • 挑戦【Challenge】
  • 分極化する【Polarize】
  • 安定させる【Stabilize】

「赤い竜のウェイブスペル」(10月26日〜11月7日)の2日目

  • 【Birth】誕生、出生、家系、起源、発生
  • 【Nurtures】育む、育てる、育成する、助成する
  • 【Being】存在、実在、既存、生命、本質

<誕生のチカラ>

  • 新鮮な気持ちと慈愛・母性のエネルギーで出会う人々と過ごす
  • 源(両親・先祖)を大事に
  • 新しいことを始める
  • 新しいものを使いはじめる
  • 新たな流れを感じてみる

「回転の赤い東の城」の52日間(10月26日〜12月16日)回転の赤い東の城は1754年〜1805年と関連しています
竜の創世記<誕生の宮廷:種を創始する>

キンの書:自由意志に基づく銀河の叙事詩
キンの書は、魔術飛行への鍵を握っている魔法を表している。ドリームスペルの熟達と、時間船地球の出航が魔術飛行、時間旅行をもたらす。時間旅行を通して、無意識だったもの、12:60によって歪んでいたもの、あるいはそうでなければ、それゆえに否定的なものを、反転させ、解き放つことができる。

自分自身の歩調をキンの書の調波とウェイブスペルにあわせれば、共時性の魔術が増大!

赤い竜のウェイブスペル1
調波1:自己存在の入力
形の開花を満たす

kin2:白い月の風
私は伝えるために分極化する
呼吸を安定させながら
挑戦の月の音で
霊の入力を封印する
私は永遠の力に導かれる


ちなみに、今日のキンの書にある「封印」という言葉ですが、
「封印」とは、閉じ込めて使えなくするという解釈にあらず!

本来の封印とは、“自分の中に納める”ということだそう。
納めることで、必要なときに開けることができる。これが封印を解くということ。
キンが持っている力を自分の中に納めることで、必要なタイミングに封印を解くことができます。

また「分極化」は、「自分自身」を「分極化」します。
全体性という「自分自身」と個々の「自分」とに分極化する。
「全体性の自分自身」から「個の自分」が気づき、受け取るイメージです

「全体性の自分」=「ガイドキン」
「個の自分」=「運命キン」

今日でいうと、
ガイドキンは「白い魔法使い」=永遠の力
運命キンは「白い風」です☆

それぞれのエネルギーからインスピレーションをもらってくださいね

「キンの書」の読み解きは、最初難しいと思われるかもしれませんね。
意味は分からなくてもいいので、毎日その日のキンの書を読むことを習慣にしてみてください。
日常の中での出来事や気づきと照らし合わせていくと、その日のエネルギーが、より深く、広く読み解けるようになっていきます。同じキンの読み解きも人によって違うところが面白いし、そのときそのときで、読み解くごとに変わっていくところも魅力です。
独特のリズムがありますので、謎解きの感覚で楽しんで使ってみてくださいね☆

インラケッチ☆今日も素晴らしい一日を♪

関連記事

  1. 【13の月の暦】☆KIN253/赤い律動の空歩く者

  2. 【13の月の暦】☆KIN70/白い倍音の犬

  3. 【13の月の暦】☆KIN130/白い宇宙の犬

  4. 【13の月の暦】☆KIN91/青い宇宙の猿

  5. 【13の月の暦】☆KIN143/青い宇宙の夜☆魔術のカメの日

  6. 【13の月の暦】12月29日☆KIN65/赤い宇宙の蛇

  7. 【13の月の暦】☆KIN73/赤い銀河の空歩く者

  8. 【13の月の暦】☆KIN42/白い電気の風

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。