【13の月の暦】11月20日☆KIN26/白い宇宙の世界の橋渡し

2018.11.20 Todays calendar

【13の月の暦】KIN26  白い宇宙の世界の橋渡し

こんにちは、ライフクリエイター山下千草です。
暦を活かして機嫌よく生きる。日常を整える。
いつも読んでくださって有難うございます。

Todays calender☆日々、下記について確認してみてくださいね。



『13の月の暦』の日付では
赤い宇宙の月の年
倍音の月6日
白い宇宙の世界の橋渡し KIN26

13の月は5番目の『倍音の月』
キーワード
【Radiance】輝き
【Empower】力を与える
【Command】命じる

自分自身に最高の権限を与えるには?
How can I best empower myself?

太陽の紋章『白い世界の橋渡し』

  • 死【Death】
  • 等しくする【Equalizes】
  • 機会【Opportunity】

銀河の音13『宇宙の』

  • 存在【Presence】
  • 持ちこたえる【Endure】
  • 越える【Transcend】

「白い魔法使いのウェイブスペル」(118日〜1120日)の13日目

  • 【Timelessness】永遠、永久
  • 【Enchants】魅惑する、魅了する
  • 【Receptivity】受容性、理解力

<永遠のチカラ>

  • ベストを尽くす
  • 何事も全力投球で
  • 打算ではなくピュアな心で、眼差しで
  • 「陰徳積善」徳積みの日々を

パカル・ヴォタンの特別な13日

「テレクトノン」で特に重要な日として扱われる260日周期での日付です。
「パカル・ヴォタンの特別な13日」とは、メキシコのチアパス州パレンケにある
碑銘の神殿から見つかった、パカル王の石棺のふたの周囲に記されている13個の日付のこと。
「13のはっきりとしたしるし」です。
石棺の箱の蓋は、「預言を語る石」と言われ
このパカルの特別な13日には、その並外れた魔術が起こるとされています。

「回転の赤い東の城」の52日間(1026日〜1216日)回転の赤い東の城は1754年〜1805年と関連している
竜の創世記<誕生の宮廷:種を創始する>

キンの書:自由意志に基づく銀河の叙事詩

自分自身の歩調をキンの書の調波とウェイブスペルにあわせれば、共時性の魔術が増大〜☆

白い魔法使いのウェイブスペル2
調波7:月の保存
挑戦の気品を思い出す

kin26:白い宇宙の世界の橋渡し
私は等しくするために持ちこたえる
機会を越えながら
存在(プレゼンス)の宇宙の音で
死の保存を封印する
私はハートの力に導かれる


ガイドキン:白い犬=ハートの力
調波7は、易の50「火風鼎」と対応

  • 協力と安定
  • 3人寄れば文殊の知恵
  • 調和の取れた形で方向が決まる

キンの書にある「封印」について、
「封印」とは、閉じ込めて使えなくするという解釈にあらず〜☆

本来の封印とは、“自分の中に納める”ということだそう。
納めることで、必要なときに開けることができる。これが封印を解くということ。
キンが持っている力を自分の中に納めることで、必要なタイミングに封印を解くことができます。


<うたかたの日々>

フレディー・マーキュリーのキンナンバーは?
1946年9月5日生まれなので、
KIN190☆「8・犬」白い銀河の犬
サイ時間:KIN27 「1・手」青い磁気の手

サイ時間は体のリズムであると同時に月のエネルギー(月の周期)に合うようになっていくので陰(潜在意識)とも考えられる。

太陽の紋章は心のリズムであると同時に太陽のエネルギーに意識を向けていくので陽(顕在意識)。

両方のエネルギーに意識を向けることで陰陽のバランスがとれるかもしれないし、もしかするとサイ時間の方が、潜在意識と対応すると考えたとき、まだ気づいていないキンのエネルギーを意識的に動かすことで新しい才能や個性に気づき、これまでとは違った新たな選択肢が出てくる可能性がある。

  • 「白い犬」:【Heart】ハート、【Loves】愛する、【Loyalty】忠実
  • 銀河の音8『銀河の』:【Integrity】無欠性、【Harmonize】調和させる、【Model】型どる

 

  • 「青い手」:【Accomplishment】遂行、【Knows】知る、【Healing】癒し
  • 銀河の音1『磁気の』:【Purpose】目的、【Unity】統一する、【Attract】引きつける

キーワードみただけで、唸っちゃいますよね〜
フレディー・マーキュリーは、最終的にサイ時間単位の対応キンも潜在意識から顕在意識に変えたよね。私的には、陰陽のバランスとって統合して生命を全うされたのではないかと思います。

ちなみに、以前学んでいた現代マヤ風に言うと
「白い犬、青い夜、音8、拡張KIN」となります。
「白い犬」の家族愛、信頼を築く、に
「青い夜」の豊かさ、夢を見るが加わります。
拡張キンは広げていく。

当時私はこのキンナンバーの特徴は
「野犬」とメモっていましたw
孤独に戦う。心根が純粋。一匹狼。

いやぁ、フレディぽいぽいw

ちなみに、尾崎豊も同じキンナンバーです。このあたりも面白いですよね〜☆

“同じキンナンバーは目指す山が同じ”とは言い得て妙だと思いました。いつ登るか、どんなルートで行くかとか、それは他の山から尾根伝いに縦走みたいなハード登山かもしれないし、もしかしたら途中までモノレールで行くのかもしれないしw、、、それぞれで違うようですが、登る山が一緒とのこと。このあたりの解釈は面白いなぁと思って学んでいました。

当時のハヤりかもしれませんが、白いタンクトップにデニム(当時はGパン?)も同じだしw

でもね、「青い夜」はウェイブスペルで、ウェイブスペルは潜在意識を表す、と教えてもらったのですが、「13の月の暦」を使っていると、例えば太陽の紋章のエネルギーを動かすのがウェイブスペルとともにある銀河の音で、パルサーについてまだ完全に分からないながらも意識していくと、ウェイブスペルが潜在意識ではないなと、感覚的に分かってきました。

参考までに、以下、13の月の暦関連用語集より

パルサー(Pulsar)
テレクトノンでの定義:4つの次元機能 -時間、生命、感覚、そして心- に応じた、13単位のウェイブスペルを同期させる四次元の時間の幾何学

パルサー・コード(Pulsar Code)
 ドリームスペルで使われる用語。ウェイブスペルを構成する13個の銀河の音には、それぞれ一次元から四次元までの4つの次元が対応している。この銀河の音の4つの次元を結びつけている構造は、「パルサー」「倍音パルサー」と呼ばれる2種類のパルサー・コードによって示される。「パルサー」は同じ次元をつないでいることから、「次元パルサー」とも呼ばれる。

 4つのパルサーはウェイブスペルの骨格を形づくり、5つの倍音パルサーはウェイブスペルにその「運動」の力をもたらす。パルサーは物事に「形」を与えそれを完成させていく働きがあり、倍音パルサーは創造的な次元間の力をもたらすことで、物事に「動き」を与える働きがある。

 2種類のパルサー・コードの構造は、次元を統合、循環させていくパルサー宇宙論の基礎を形成しています。

 4つの次元をつなぐ「パルサー(次元パルサー)」は、ウェイブスペル全体の骨格を形づくる。5つの「倍音パルサー」は次元の異なる音を結びつけ、ウェイブスペル自体に運動と循環力をもたらす。いわば、時間に存在するものとして「形」や秩序を創り出しているのが「パルサー」であり、異なる次元の相互交流を通じてその「形」に「動き」を与えているのが「倍音パルサー」と言える。

 2つのパルサーは、あらゆるウェイブスペルに内在する関係性である。「13の月の暦」の月ごとのパルサーの関係、13日周期での銀河の音の関係、あるいは自分と周りの人との関係などから、パルサーのつながりを見いだしていくことで、その働きや時間の構造を学んでいくことができる。

まぁいろいろありますが、それぞれの記憶に残る、あるいはあらためてQueenを含めたフレディ・マーキュリーに想いを馳せることになる、映画「ボヘミアンラプソディ」でした。一見の価値はありますよ☆

インラケッチ☆今日も素晴らしい一日を♪

関連記事

  1. 【13の月の暦】☆KIN68/黄色い電気の星

  2. 【13の月の暦】☆KIN106 GAP/白い月の世界の橋渡し

  3. 【13の月の暦】12月17日☆KIN53/赤い磁気の空歩く者

  4. 【13の月の暦】11月26日☆KIN32/黄色い律動の人

  5. 【13の月の暦】☆KIN92/黄色い磁気の人

  6. 【13の月の暦】☆KIN147/青い自己存在の手 GAP

  7. 【13の月の暦】12月13日☆KIN49/赤い惑星の月

  8. 【13の月の暦】☆KIN51 GAP/青い水晶の猿

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。