【13の月の暦】10月29日☆KIN4/黄色い自己存在の種☆魔術のカメの日

2018.10.29 Todays calendar

【13の月の暦】kin4  黄色い自己存在の種

こんにちは、ライフクリエイター山下千草です。
暦を活かして機嫌よく生きる。日常を整える。
いつも読んでくださって有難うございます。

Todays calender☆日々、下記について確認してみてくださいね。



『13の月の暦』の日付では
赤い宇宙の月の年
自己存在の月12日 黄色い自己存在の種 kin4

13の月は4番目の『自己存在の月』
キーワード
【Form】形
【Define】定義する
【Measure】測る

私の奉仕はどのような形になるのか?
What is the form my service will take?

太陽の紋章『黄色い種』

  • 開花【Flowering】
  • 目指す【Targets】
  • 気づき【Awareness】

銀河の音4『自己存在の』

  • 形【Form】
  • 定義する【Define】
  • 測る【Measure】

「赤い竜のウェイブスペル」(10月26日〜11月7日)の4日目

  • 【Birth】誕生、出生、家系、起源、発生
  • 【Nurtures】育む、育てる、育成する、助成する
  • 【Being】存在、実在、既存、生命、本質

<誕生のチカラ>

  • 新鮮な気持ちと慈愛・母性のエネルギーで出会う人々と過ごす
  • 源(両親・先祖)を大事に
  • 新しいことを始める
  • 新しいものを使いはじめる
  • 新たな流れを感じてみる

☆今日は【魔術のカメの日】ちょっとスペシャルな日☆
毎月に対応する「銀河の音」とその日の「銀河の音」が同じになることを「魔術のカメの日」と呼びます。
この「月」と「日」の「銀河の音」が一緒になる日は、異なる幅のサイクルが同期し、その数字の持つ力や機能、意味が強調されます。
またこの日は、自分が気づいたり発見したことを他者と分かち合う日としても使われます。

「回転の赤い東の城」の52日間(10月26日〜12月16日)回転の赤い東の城は1754年〜1805年と関連しています
竜の創世記<誕生の宮廷:種を創始する>

キンの書:自由意志に基づく銀河の叙事詩
キンの書は、魔術飛行への鍵を握っている魔法を表している。ドリームスペルの熟達と、時間船地球の出航が魔術飛行、時間旅行をもたらす。時間旅行を通して、無意識だったもの、12:60によって歪んでいたもの、あるいはそうでなければ、それゆえに否定的なものを、反転させ、解き放つことができる。

自分自身の歩調をキンの書の調波とウェイブスペルにあわせれば、共時性の魔術が増大!

赤い竜のウェイブスペル1
調波1:自己存在の入力
形の開花を満たす

kin4:黄色い自己存在の種
私は目指すために定義する
気づきを測りながら
形の自己存在の音で
開花の入力を封印する
私は普遍的な火の力に導かれる


キンの書にある「封印」について、
「封印」とは、閉じ込めて使えなくするという解釈にあらず!

本来の封印とは、“自分の中に納める”ということだそう。
納めることで、必要なときに開けることができる。これが封印を解くということ。
キンが持っている力を自分の中に納めることで、必要なタイミングに封印を解くことができます。

「普遍的な火」とは、“過去に生きた聖人たちの教え”と解釈されていた方がいて、これいいなぁと思いました。

私は「普遍的な火」=「哲学」と捉えましたよ☆

生きていくための糧となる教えや考え

みなさんも、ご自身の想像を膨らませて、いろんなオリジナルの解釈をみつけてみてください

創造する力を呼び覚ます☆

そのためのツールとして、「13の月の暦」を役立ててくださいね。


<時間は螺旋階段の様につながっている>

昨日図書館からの帰り道、自転車で風を感じながら、不図

自由だ!豊かだ!幸せだ〜♡
黄昏時のカレーのにおいとロックステディの音♪

なんて感じたんですよね。
で、この今の感覚、あの頃、あのとき、20代後半から30代前半の様々な光景が思い浮かんだんです!
そんな前?w

いやでもおそらく、その頃の「赤い龍のウェイブスペル」とシンクロした☆
デジャブ?それで当時の体感がフラッシュバックしたのかななんて思いました。

「図書館で本を借りる」ということが、そもそも何十年ぶり?のことだったので、それがトリガーになったのかもしれませんね。

時間と空間、深くて面白いなぁと思います

今日も、日常の些細な瞬間を見逃さないようにいきたいものです

インラケッチ☆今日も素晴らしい一日を♪

関連記事

  1. 【13の月の暦】☆KIN118/白い磁気の鏡

  2. 【13の月の暦】12月30日☆KIN66/白い磁気の世界の橋渡し

  3. 【13の月の暦】11月20日☆KIN26/白い宇宙の世界の橋渡し

  4. 【13の月の暦】プチバースデイを意識する

  5. 【13の月の暦】☆KIN112 GAP/黄色い銀河の人

  6. 【13の月の暦】ベーシックな13の月の暦の使い方

  7. 【13の月の暦】☆KIN82/白い自己存在の風

  8. 【13の月の暦】☆KIN83/青い倍音の夜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。