【13の月の暦】12月11日☆KIN47/青い銀河の手

2018.12.11 Todays calendar

【13の月の暦】KIN47  青い銀河の手

こんにちは、ライフクリエイター山下千草です。
暦を活かして機嫌よく生きる。日常を整える。
いつも読んでくださって有難うございます。

Todays calender☆日々、下記について確認してみてくださいね。



『13の月の暦』の日付では
赤い宇宙の月の年
倍音の月27日
青い銀河の手 KIN47

13の月は5番目の『倍音の月』
キーワード
【Radiance】輝き
【Empower】力を与える
【Command】命じる

自分自身に最高の権限を与えるには?
How can I best empower myself?

太陽の紋章『青い手』

  • 遂行【Accomplishment】
  • 知る【Knows】
  • 癒し【Healing】

銀河の音8『銀河の』

  • 無欠性【Integrity】
  • 調和させる【Harmonize】
  • 型どる【Model】

「黄色い太陽のウェイブスペル」(12月4日〜12月16日)の8日目

  • 【Universal Fire】普遍的な火
  • 【Enlightens】啓発する、啓蒙する、教え導く、照らす
  • 【Life】生命、生涯、生活

<普遍的な火のチカラ>

  • 人々が生きていくための糧としている教えと考え
  • 自らが普遍的な火となりまわりを照らす
  • 自分なりの一貫性に意識を向けて自分軸を定める
  • 正々堂々、王道を行く生き方を!

「回転の赤い東の城」の52日間(10月26日〜12月16日)
竜の創世記<誕生の宮廷:種を創始する>

キンの書:自由意志に基づく銀河の叙事詩

自分自身の歩調をキンの書の調波とウェイブスペルにあわせれば、共時性の魔術が増大〜☆

黄色い太陽のウェイブスペル4
調波12:太陽の保存
意図の気品を思い出す

kin47:青い銀河の手
私は知るために調和させる
癒しを型どりながら
無欠性の銀河の音で
遂行の保存を封印する
私は魔術の力に導かれる


ガイドキン:青い猿=魔術の力
調波12は、易の26「山天大畜」と対応
小を積んで大となす/停滞のあとの上昇/貯金、勉強は効果大

キンの書にある「封印」について、
「封印」とは、閉じ込めて使えなくするという解釈にあらず〜☆

本来の封印とは、“自分の中に納める”ということだそう。
納めることで、必要なときに開けることができる。これが封印を解くということ。
キンが持っている力を自分の中に納めることで、必要なタイミングに封印を解くことができます。


<うたかたの日々>

日常はイマジネーションによって彩られる

銀河ツール「 7:7::7:7 」とは
プラズマ宇宙モデルに基づきテレパシーの知覚的な秩序を確立する方法

今日は、倍音の月27日

毎月27日の 『 7:7::7:7 』は
Week4  統一場の時間原子 の6日目です。
Week4→第4週:(黄)力が果報を熟成する

毎月6、13、20、27は金曜日にあたります

毎週 金曜日のプラズマシンボルは「 LIMI(リミ)」
リミ の働きは「 Purify( 清める)」

心的電子と呼ばれます。

対応するチャクラは、体の下から数えて3番目
第3チャクラは太陽神経叢にあります。
「MANIPURA CHAKRA(マニピュラ・チャクラ)」

みぞおちと背中の真ん中を前後に貫くチャクラです。
カラダの前後のバランス、「過去」と「未来」のバランスをとります。

太陽神経叢はみぞおちのあたりにあります。みぞおちは「第二の脳」とも言われる自律神経の中枢。
悲しいときは、おなかもズンと重くなり、食欲がなくなる。心の動きも脳だけがやっているわけではなく、むしろ感情のかなりの部分は、おなかで起きていると言われます。

そんなわけで、このチャクラは「自我」や「自信」と結びつけられています。
自己評価、価値基準、自信についての学び

このチャクラが目覚めると、情感が豊かになり、霊視、テレパシーといったESP(超感覚的知覚)能力が発言するそうですよ☆

Plasma 6 - LimiLimi – “I consume dualistic thoughts as food. I purify the mental electron at the north pole.”
<リミ>わたしは二元的な考えを食べ物として摂取します。北極で心の電子を浄化します。

1週間で放射状のプラズマシンボルを、それぞれに対応するチャクラと自分のまわりにある立方体の位置にイメージします。立方体の位置は下記のこよみ屋さんの手帳に記載があります↓

冬至に向かっていくこの時期、陰が極まる夜明け前の暗いトンネルをひたすら歩いているようで鬱々することもしばしば。

人生の壁にぶちあたってると感じるときは、成長のときと捉える。

今までの、枠を超えるとき。

物事には常に両側面がある。

起きていることは常に中立的であって、それに自分がどんな意味を与えるかで、現実が変わる。

人生は、「今起きていること」に「どのような意味」を自分で与えるかで変わってくる。常にポジティブな意図を意識できる人は、人生を前に進めることができるのだ。

寒さも一気に厳しくなり、下向きがちなこの時期こそ、姿勢も心も上げていこう!

インラケッチ☆今日も素晴らしい一日を♪

関連記事

  1. 【13の月の暦】☆KIN73/赤い銀河の空歩く者

  2. 【13の月の暦】☆KIN147/青い自己存在の手 GAP

  3. 【13の月の暦】11月2日☆KIN8/黄色い銀河の星

  4. 【13の月の暦】12月12日☆KIN48/黄色い太陽の星

  5. 【13の月の暦】☆KIN235/青い磁気の鷲

  6. 【13の月の暦】☆KIN110 GAP/白い律動の犬

  7. 【13の月の暦】☆KIN57/赤い倍音の地球

  8. 【13の月の暦】12月22日☆KIN58 GAP/白い律動の鏡☆魔術の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。