【13の月の暦】☆KIN47/青い銀河の手

2018.3.26 Todays calendar

【13の月の暦】kin47 青い銀河の手

こんにちは、ライフクリエイター山下千草です。
暦を活かして機嫌よく生きる。日常を整える。
いつも読んでくださって有難うございます。

Todays calender☆日々、下記について確認してみてくださいね。



『13の月の暦」の日付では
黄色い水晶の種の年
太陽の月20日 kin47 青い銀河の手

銀河の音『銀河の』

  • 無欠性【Integrity】
  • 調和させる【Harmoize】
  • 型どる【Model】

太陽の紋章『青い手』

  • 遂行【Accomplishment】
  • 知る【Knows】
  • 癒し【Healing】

「黄色い太陽のウェイブスペル」の13日間(3月19日〜3月31日)

  • 普遍的な火【Universal-Fire】
  • 啓発する【Enigthtens】
  • 生命【Life】

自分なりの「一貫性」に意識を向けて、自分軸を定めましょう
大らかに、美しい波動で!!!
太陽の光をプリズムを通して七色のスペクトルを発するように
いろんなものを吸収して、自分なりの価値観で変換し、色をつけて表現していきましょう〜♪

<kin47のメッセージ>
相手の反応を見ながら、思いやりながら、お互いにとっての適度な距離を見つけてみましょう。
今日は相手の長所、よいところ、そのものの美しさを中心に見つめてみる日。

<地球暦>
ー惑星会合ー
水星と海王星の開きです

惑星会合とは、
太陽を起点として、同じ側に二つの惑星が太陽と一直線に並ぶときが「結び」、二つの惑星が太陽を挟んで一直線に並ぶときが「開き」


白い紋章の昨日、部屋の大規模な模様替えを実施し、断捨離しました〜☆
部屋の大規模な模様替えは、実に7年ぶりです。

ずっと、家具等の配置はこれがベスト!で、心地よく過ごしてきたのです。
物も入った分だけ減らして、バランスをとってきました。
きっかけは出窓。出窓の網戸が破れて早5年以上経ちますか?笑

網戸がなくとも窓は開けていましたが、なんとなく開ける回数も多くなく、「出窓」の存在自体を自分の意識外に置くようになっていました。
今回、とあるご縁で網戸を張り替えてもらうことになり、仕上がってきた網戸をセッティングするにあたって、その周辺を綺麗にしたことが始まりです。自分のデスクを必然的に動かさざるを得なかったのですが、ならばいっそ場所を変えてみようと思いついたのでした。

これが、、、今まで考えつかなかった配置になりました。
たかが家具ですが、ここにこの配置、この発想なかったよねって感じです。
固定概念がぶっ壊れましたね〜w
最終的にはとても新鮮で今まで以上に心地いい空間に生まれ変わったんですよ☆
そして、大きなものを動かすと、動かしたことで不要なものがたくさんでてきました。
定期的に断捨離を実施している私としては、紙類、布類の他に、もうほとんど手放すものはないと思っていたのですが、たくさん出てきた〜w
一瞬で、もうこの空間に合わないものがでてきてしまったんです。面白いですね〜

網戸が復活したことで、この窓を使うという意識になり、必然的に変化せざるをえない状況になった(と自分が受け取った)。
ちょっとした新しい風を受けて、心地いい!で終わらせるのか、その風を受けて、自ら新しい風を起こしていくのかは自分の選択です。
「家」というプライベート空間の話ですが、これってどんなことにも通ずること。
勝手に作り上げた固定概念を壊していく作業って、めんどくさかったり、思い切らないと出来なかったり。
でも、これも固定概念に捉われているかも。
行動って、情報が集まったら自然にできるもの。
情報を受け取れるかが重要だと感じます。

まずは身近なところから、意識を持つといいかもしれません。身近な環境を整える。

住むところって重要ですしね。衣食住や健康といった、生活の土台、基礎となる部分をまず整えること。
心の内的整理につながります。気兼ねなく変化を起こせるプライベート空間から始めてみてはいかがでしょう♪

関連記事

  1. 【13の月の暦】☆KIN120/黄色い電気の太陽

  2. 【13の月の暦】☆KIN136/黄色い律動の戦士

  3. 【13の月の暦】10月30日☆KIN5/赤い倍音の蛇

  4. 【13の月の暦】☆KIN43 GAP/青い自己存在の夜

  5. 【13の月の暦】☆KIN113 GAP/赤い太陽の空歩く者

  6. 【13の月の暦】12月13日☆KIN49/赤い惑星の月

  7. 【13の月の暦】12月4日☆KIN40/黄色い磁気の太陽

  8. 【13の月の暦】☆KIN162/白い律動の風

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。