【13の月の暦】☆KIN48/黄色い太陽の星☆魔術のカメの日

2018.3.27 Todays calendar

【13の月の暦】kin48 黄色い太陽の星

こんにちは、ライフクリエイター山下千草です。
暦を活かして機嫌よく生きる。日常を整える。
いつも読んでくださって有難うございます。

Todays calender☆日々、下記について確認してみてくださいね。



『13の月の暦』の日付では
黄色い水晶の種の年
太陽の月21日 黄色い太陽の星 kin48
【魔術のカメの日】

銀河の音『太陽の』

  • 意図【Intention】
  • 脈動させる【Pulse】
  • 実感する【Realize】

太陽の紋章『黄色い星』

  • 気品【Elegance】
  • 美しくする【Beautifies】
  • 芸術【Art】

「黄色い太陽のウェイブスペル」の13日間(3月19日〜3月31日)

  • 普遍的な火【Universal-Fire】
  • 啓発する【Enigthtens】
  • 生命【Life】

自分なりの「一貫性」に意識を向けて、自分軸を定めましょう
大らかに、美しい波動で!!!
太陽の光をプリズムを通して七色のスペクトルを発するように
いろんなものを吸収して、自分なりの価値観で変換し、色をつけて表現していきましょう〜♪

<kin48のメッセージ>
今日は、自分の心に贅沢をさせてあげる日。
耳を澄まし、心身が豊かになる時間を自分に与えてあげましょう。
周囲との調和をはかり、全体性が躍動するよう、中心となって働きかけましょう。


今日は【魔術のカメの日】といって、ちょっとスペシャルな日☆
毎月に対応する「銀河の音」とその日の「銀河の音」が同じになることを「魔術のカメの日」と呼びます。
この「月」と「日」の「銀河の音」が一緒になる日は、異なる幅のサイクルが同期し、その数字の持つ力や機能、意味が強調されます。
またこの日は、自分が気づいたり発見したことを他者と分かち合う日としても使われます。

カメって、甲羅紋が中央に3つ、そのまわりに10個合計で13あるのですよ☆ マヤ人は宇宙に13の神様がいるとして、カメを神様のように扱った、といわれています☆

「魔術のカメの日」

なので今日は、意図的に行動してみることをオススメします♪

13の月の暦って、さまざまな周期が内臓されているので、それを解き明かしながら自分なりのリズムを探していく、というのが醍醐味。

10年前はそれを“難しい〜”と受け取りましたが、時を経て、今は“面白い〜”に変わりました。

また体感できたものからシェアしていきますね。

インラケッチ☆今日も素敵な一日をお過ごしください

 

関連記事

  1. 【13の月の暦】12月21日☆KIN57/赤い倍音の地球

  2. 【13の月の暦】☆KIN81/赤い電気の龍

  3. 【13の月の暦】10月30日☆KIN5/赤い倍音の蛇

  4. 【13の月の暦】11月17日☆KIN23/青い惑星の夜

  5. 【13の月の暦】プラズマ「 LIMI(リミ)」の日に太陽神経叢と潜在意…

  6. 【13の月の暦】☆KIN98/白い共振の鏡

  7. 【13の月の暦】12月1日☆KIN37/赤いスペクトルの地球

  8. 【13の月の暦】☆KIN131/青い磁気の猿

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。