【13の月の暦】10月30日☆KIN5/赤い倍音の蛇

2018.10.30 Todays calendar

【13の月の暦】KIN5  赤い倍音の蛇

こんにちは、ライフクリエイター山下千草です。
暦を活かして機嫌よく生きる。日常を整える。
いつも読んでくださって有難うございます。

Todays calender☆日々、下記について確認してみてくださいね。



『13の月の暦』の日付では
赤い宇宙の月の年
自己存在の月13日 赤い倍音の蛇 KIN5

13の月は4番目の『自己存在の月』
キーワード
【Form】形
【Define】定義する
【Measure】測る

私の奉仕はどのような形になるのか?
What is the form my service will take?

太陽の紋章『赤い蛇』

  • 生命力【Life Force】
  • 生き残らせる【Survives】
  • 本能【Instinct】

銀河の音5『倍音の』

  • 輝き【Radiance】
  • 力を与える【Empower】
  • 命じる【Command】

「赤い竜のウェイブスペル」(10月26日〜11月7日)の5日目

  • 【Birth】誕生、出生、家系、起源、発生
  • 【Nurtures】育む、育てる、育成する、助成する
  • 【Being】存在、実在、既存、生命、本質

<誕生のチカラ>

  • 新鮮な気持ちと慈愛・母性のエネルギーで出会う人々と過ごす
  • 源(両親・先祖)を大事に
  • 新しいことを始める
  • 新しいものを使いはじめる
  • 新たな流れを感じてみる

「回転の赤い東の城」の52日間(10月26日〜12月16日)回転の赤い東の城は1754年〜1805年と関連しています
竜の創世記<誕生の宮廷:種を創始する>

キンの書:自由意志に基づく銀河の叙事詩
キンの書は、魔術飛行への鍵を握っている魔法を表している。ドリームスペルの熟達と、時間船地球の出航が魔術飛行、時間旅行をもたらす。時間旅行を通して、無意識だったもの、12:60によって歪んでいたもの、あるいはそうでなければ、それゆえに否定的なものを、反転させ、解き放つことができる。

自分自身の歩調をキンの書の調波とウェイブスペルにあわせれば、共時性の魔術が増大〜☆

赤い竜のウェイブスペル1
調波2:銀河の保存
無欠性の気品を思い出す

kin5:赤い倍音の蛇
私は生き残らせるために授ける
本能を命じながら
輝きの倍音の音で
生命力の保存を封印する
私は空間の力に導かれる


ガイドキン:赤い空歩く者=空間の力
調波2は、易の43「沢天夬」と対応

キンの書にある「封印」について、
「封印」とは、閉じ込めて使えなくするという解釈にあらず〜☆

本来の封印とは、“自分の中に納める”ということだそう。
納めることで、必要なときに開けることができる。これが封印を解くということ。
キンが持っている力を自分の中に納めることで、必要なタイミングに封印を解くことができます。


13の月の暦は、自由意志のもと、すべて自分で決められることを思い出すために使う暦でもあります。

もし、今
違和感を感じていることがあったら、そのこととしっかり向き合ってくださいね。
心地よい方へ移行するベストタイミングかもしれません

本日のガイドキンは「赤い空歩く者」=スペースの力

Space:空間 
Explores:探る 
Wakefulness:目覚め

☆生み出したいとき、創造したいとき、自分の人生に出現させたいものに使うといい問いかけ☆

どんなエナジー、スペースそしてコンシャスネスになれば
完全な安らぎとともに実現させられる?

どんなエナジー、スペースそしてコンシャスネスであれば
永遠に完全な明確さと安らぎを持ち、すべてを成就させられる?

 

インラケッチ☆今日も素晴らしい一日を♪

関連記事

  1. 【13の月の暦】☆KIN90/白い水晶の犬

  2. 【13の月の暦】☆KIN106 GAP/白い月の世界の橋渡し

  3. 【13の月の暦】☆KIN46/白い共振の世界の橋渡し

  4. 【13の月の暦】☆KIN116/黄色い水晶の戦士☆魔術のカメの日

  5. 【13の月の暦】☆KIN135/青い倍音の鷲

  6. 【13の月の暦】ベーシックな13の月の暦の使い方

  7. 【13の月の暦】☆KIN126/白い太陽の世界の橋渡し

  8. 【13の月の暦】☆KIN164/黄色い銀河の種

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。