【13の月の暦】☆KIN62/白い惑星の風☆魔術のカメの日

2018.4.10 Todays calendar

【13の月の暦】kin62 白い惑星の風

こんにちは、ライフクリエイター山下千草です。
暦を活かして機嫌よく生きる。日常を整える。
いつも読んでくださって有難うございます。

Todays calender☆日々、下記について確認してみてくださいね。



『13の月の暦』の日付では
黄色い水晶の種の年
惑星の月7日 白い惑星の風 kin62
【魔術のカメの日】

13の月は10番目の『惑星の月』
キーワード【現れ】
私のすることをどのように仕上げるのか?

銀河の音10『惑星の』

  • 現れ【Manifestation】
  • 仕上げる【Perfect】
  • 生み出す【Produce】

太陽の紋章『白い風』

  • スピリット【Spirit】
  • 伝える【Communicates】
  • 呼吸【Breath】

「赤い空歩く者のウェイブスペル」の13日間(4月1日〜4月13日)

  • 空間【Space】
  • 探る【Explores】
  • 目覚め【Wakefulness】

自分の今の「立場」「現状」をしっかり認識しましょう
広い意識と見識で行動、発言しましょう
常に広く、深く、物事を見つめ意識しているかが大切

あなたの興味あるものにどんどん足を運んで、あなたのスペース(意識の空間、活動の空間、人間関係の空間等)を広げてみましょう!

鍛錬・洗練の「第二の白い城」の52日間☆
「第一の城」でできたもの、蒔いたもの、始まったものが、本物になっていくために揺さぶられます。
内面を見つめていくための期間。

<kin62のメッセージ>
今日は、ひとりで考える時間を持つ日。
自分の中の言葉の力を有効に使ってみましょう。
本当に伝えたいことがあるなら、そのために言葉の力を温存し、高めていきましょう。

今日は【魔術のカメの日】といって、ちょっとスペシャルな日☆
毎月に対応する「銀河の音」とその日の「銀河の音」が同じになることを「魔術のカメの日」と呼びます。
この「月」と「日」の「銀河の音」が一緒になる日は、異なる幅のサイクルが同期し、その数字の持つ力や機能、意味が強調されます。
またこの日は、自分が気づいたり発見したことを他者と分かち合う日としても使われます。

<七十二候>
次候 鴻雁かえる:雁が北へ渡っていく


カメの日〜☆

「惑星の」エネルギー。

数日前から流れが変わってきたので、やる気スイッチが入ってきた方も多いと思います。

プロデュースしたり、実際行動していく、そんなエネルギーが流れています。

さぁ、どうしていきますか?

Manifestation!!!

現れ、顕現などの意味の他、
明らかにする、明示、表明する
などの意味もあります。

今、明らかになっていることがあるかもしれません。
見直ししなければならないことや、お試しがあるかもしれませんね。

そこをクリアにし、進む!

ひとつひとつしっかり向き合い、対峙していきましょう☆

インラケッチ☆今日も素敵な一日を!

関連記事

  1. 【13の月の暦】☆KIN160/黄色い自己存在の太陽

  2. 【13の月の暦】☆KIN101/赤い惑星の龍

  3. 【13の月の暦】☆KIN135/青い倍音の鷲

  4. 【13の月の暦】☆KIN141/赤いスペクトルの龍

  5. 【13の月の暦】12月23日☆KIN59/青い共振の嵐

  6. 【13の月の暦】11月10日☆KIN16/黄色い電気の戦士

  7. 【13の月の暦】☆KIN44/黄色い倍音の種

  8. 【13の月の暦】☆KIN131/青い磁気の猿

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。