【13の月の暦】12月27日☆KIN63/青いスペクトルの夜

2018.12.27 Todays calendar

【13の月の暦】KIN63 青いスペクトルの夜

こんにちは、ライフクリエイター山下千草です。
暦を活かして機嫌よく生きる。日常を整える。
いつも読んでくださって有難うございます。


ベーシックな使い方について紹介しています↓

☆Todays calender☆

『13の月の暦』の日付では
赤い宇宙の月の年
律動の月15日
KIN63 青いスペクトルの夜

13の月は6番目の『律動の月』
キーワード
【Equality】同等
【Organize】組織する
【Balance】つり合わせる

同等を他の人にも拡張するには?
How can I extend my equality to others?

太陽の紋章『青い夜』

  • 【Abundance】豊かさ
  • 【Dreams】夢見る
  • 【Intuition】直観

銀河の音11『スペクトルの』

  • 【Liberation】解放
  • 【Dissolve】溶かす
  • 【Release】解き放つ

「赤い空歩く者のウェイブスペル」(1217日〜1229日)の11日目

  • 【Space】空間
  • 【Explores】探る
  • 【Wakefulness】目覚め、覚醒

<空間のチカラ>

  • 自分の今の立場、現状を認識する
  • 自分の常識を覆す

「交差の白い北の城」の52日間(1217日〜2月6日)
<死の宮廷:戦士を洗練する>


<キンの書:自由意志に基づく銀河の叙事詩>
自分自身の歩調をキンの書の調波とウェイブスペルにあわせれば、共時性の魔術が増大します☆

赤い空歩く者のウェイブスペル5
調波16:水晶の入力
協力の開花を満たす

kin63:青いスペクトルの夜
私は夢見るために溶かす
直観を解き放ちながら
解放のスペクトルの音で
豊かさの入力を封印する
私は自らの二重の力に導かれる


ガイドキン:青い夜=豊かさの力
調波16は、易の10「天沢履」と対応
実践/体験したことが活きる/人として踏むべき道

キンの書にある「封印」について
「封印」とは、閉じ込めて使えなくするという解釈ではなく、本来の封印とは、“自分の中に納める”ということだそう。納めることで、必要なときに開けることができる。これが封印を解くということ。
キンが持っている力を自分の中に納めることで、必要なタイミングに封印を解くことができます。


ー惑星会合ー

水星と天王星の開きです

惑星会合とは、
太陽を起点として、同じ側に二つの惑星が太陽と一直線に並ぶときが「結び」、二つの惑星が太陽を挟んで一直線に並ぶときが「開き」


銀河ツール「 7:7::7:7
プラズマ宇宙モデルに基づきテレパシーの知覚的な秩序を確立する方法

今日は、律動の月15日

毎月15日の 『 7:7::7:7 』は
Week3  神秘の時間原子 の1日目
Week3→第3週:(青)忍耐が行為を変容する

毎月1、8、15、22は日曜日にあたります

毎週 日曜日のプラズマシンボルは「 DALI(ダリ)」
ダリ の働きは「 Target(目指す)」

対応するチャクラはクラウン(頭頂)の位置にある
「サハスララ・チャクラ」

ダリは、放射状プラズマとして「原初の熱感覚」を表します。

「熱い想い」「熱意」

私たちはどうやって知覚し、感知するかという原初の感じです。私たちが体を使って知覚する一番最初の知覚というのは、熱いや冷たいという感覚。つまり原初の知覚が「熱」なのです☆

Plasma 1 - DaliDali – “My father is intrinsic awareness. I feel the heat.”
<ダリ>わたしの父は本来備わっている気づきです。わたしは熱を感じます。

、それぞれに対応するチャクラと自分のまわりにある立方体の位置にイメージします。立方体の位置は下記のこよみ屋さんの手帳に記載があります

小惑星ネッススが気になる!

ネッスス Nessus…土星と冥王星の間を巡る小惑星。
「進化しないまま野放しになってる冥王星」みたいなイメージのエネルギー

虐待、どうしようもない過度な情欲・性欲、性的虐待、信頼の妨害、復讐、巧みな操作・コントロール、騙すこと・騙されること・詐欺・欺瞞、命を奪う、誘惑、最もダークな感情、命を救う、残虐で酷い体験に向き合うことで自分や他者を救う・助ける、救われる。
ネッススは、どうにもできない圧制・弾圧・虐待のサイクルのパターンを終わらせる助けをしてくれる。
ネッススは、自分自身を縛り付けている縄を切る手助けをしてくれる。

 

私の双子座9ハウスのネッススはMCとコンジャクションだった。
月と土星も近くにいるし、結構ネイタルでネッススが強く効いてるよなぁと感じる。

サビアンシンボルは、双子座22度『バーン・ダンス』
人生を楽しむ
充実した余暇
マルチタスクな視野

ダラダラとした状態家にいて休みを終えるのではなく、最高の瞬間を求めて。

最高の思い出を手に入れるために。

風や音楽。自然の風景や草の匂い。

五感全てが刺激されるような環境の中で全身で楽しむのが、双子座流リラックス方法。

五感とともに感じる体験は、いつまでも脳に焼きつく。

脳に焼きついた記憶は、双子座の思考や知識の材料になる。

 

72区分(双子座21度~25度)「秩序」 知的エントロピーをどう越えるか

発達しすぎた個人の個人的な行為は、やがては人間の自然な情感や本能を破壊する。もう一度、個人の価値を再検討して、いったいなにが大切なのか整理する必要に駆られる。

双子座 22度
刈り取りの祭り(収穫祭)で踊るカップル

ストレスの多い都市生活から抜け出して、農村ののどかな自然な暮らしにむかっていくこと。自然界や季節の移り変わりの素朴な原理を再評価し、心や身体が、生命エネルギーをもう一度活性化させて、リズミカルで健康な状態を取りもどすことを意味する。これは21度の神経症的な状態を緩和するために、田舎にひきこもって、もう一度心身の健康を考え直すという意味がある。事実進行法でこの度数に惑星がきた人が、仕事をやめて、のどかな環境に移動する、というケースも多数見られた。また混乱した知識を整理するために、自然の法則をもう一度見つめ直すということもある。たとえば多くの仮説で、理解できなくなった事柄を、動物の行動特性にヒントを得て、整理しようとする、という方法なども、この度数の範疇に入るはずだ。

まだまだあった自分の中の「前提」

◯◯せねば、◯◯のために〜、ガンバらねば〜、役割に生きる!的なw

誓約・誓い・忠誠・地肉に刻まれた忠誠心・宣誓・契りは過去生で契約してきたもの

これ、定期的にクリアリングするのだけど、私の中に根強くあるんだよね、、

あと、フリーランスだと、ひたすら仕事しちゃうw
 延々とパソコンに向かっちゃうから、メリハリつけないとね。

余暇をどうデザインするのか?

それが私の人生全体に大きく関わってくる

2018年は、顕現の年だった。

自分にとって大事なことが顕現。特にこの暮れもおしせまって、今顕著に突きつけられている。

働き方自体も見直せ!と☆

インラケッチ☆今日も素晴らしい一日を♪

関連記事

  1. 【13の月の暦】☆KIN148/黄色い倍音の星 GAP

  2. 【13の月の暦】☆KIN119/青い月の嵐

  3. 【13の月の暦】☆KIN71/青い律動の猿

  4. 【13の月の暦】11月8日☆KIN14/白い磁気の魔法使い

  5. 【13の月の暦】11月13日☆KIN19/青い律動の嵐

  6. 【13の月の暦】11月19日☆KIN25/赤い水晶の蛇

  7. 【13の月の暦】☆KIN95/青い自己存在の鷲

  8. 【13の月の暦】☆KIN145/赤い月の蛇

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。