【13の月の暦】☆KIN81/赤い電気の龍

2018.4.29 Todays calendar

【13の月の暦】kin81 赤い電気の龍

こんにちは、ライフクリエイター山下千草です。
暦を活かして機嫌よく生きる。日常を整える。
いつも読んでくださって有難うございます。

Todays calender☆日々、下記について確認してみてくださいね。



『13の月の暦』の日付では
黄色い水晶の種の年
惑星の月26日 赤い電気の龍 kin81

13の月は10番目の『惑星の月』
キーワード【現れ】
私のすることをどのように仕上げるのか?

太陽の紋章『赤い龍』

  • 誕生【Birth】
  • 育む【Nurtures】
  • 存在【Being】

銀河の音3『電気の』

  • 奉仕【Service】
  • 活性化する【Activate】
  • つなぎとめる【Bond】

「青い嵐のウェイブスペル」の13日間(4月27日〜5月9日)

  • 自己発生【Self-Generation】
  • 触発する【Catalyzes】
  • エネルギー【Energy】
  • 自分のエネルギー自体が高まってくる期間であり、宇宙レベルでエネルギッシュな13日間☆
  • パワーがあり、インパクトが強く、ぐんぐん周りを巻き込む力
  • 青い嵐を高めるには、「プラスの思い込み」を持つこと!
  • 自己肯定、自己発生する愛のエネルギー
  • 放出(完全投入)することで、新たなより大きなエネルギーが大量に入ってくるとき

鍛錬・洗練の「第二の白い城」の52日間(4月1日〜5月22日)
「第一の城」でできたもの、蒔いたもの、始まったものが、本物になっていくために揺さぶられます。
内面を見つめていくための期間。


<kin81のメッセージ>
今日は、好奇心のアンテナを通して、自分は何をしたいのかを明確にしていく日。
興味を拡散し、様々なものに目を開くこと。
あらゆるものに心の扉を開けておきましょう。


<地球暦>
ー惑星会合ー
水星と土星の結びです

惑星会合とは、
太陽を起点として、同じ側に二つの惑星が太陽と一直線に並ぶときが「結び」、二つの惑星が太陽を挟んで一直線に並ぶときが「開き」


明日の蠍座満月を前に、蠍座新月について振り返ってみました。

蠍座新月は2017年11月18日でしたが、この日意図したことの中で、ひとつはもう完全に必要でなくなりました。
残りは、「顕現」までいかないけれど、その途上、そこに向かって現在進行形だなと何となくの手応えを感じています。
新月時に意図したときは、蠍座だけに、結構壮大な豊かさを意図したなぁなんて思っていたのですが、
「壮大な」と勝手に決めてしまっているのは自分w
今現在意図したことを読み返してみると、可能だよね?!なんて感じている自分がいますw

明日の満月ではこの新月時の設定も手放します。

ちなみにこの蠍座新月期、ツォルキンではK179が回っていました。
太陽の紋章は「青い嵐」
13日間続くウェブスペルは「白い犬」
銀河の音は11「惑星の」

明日の蠍座満月はK82
太陽の紋章は「白い風」
13日間続くウェブスペルは「青い嵐」
銀河の音4「自己存在の」
ちなみに今は「惑星の月」です☆

そして、K179とK82は鏡の向こう側です

13の月の暦でいうと「神秘のパートナー」

宇宙の暦、うまくできていますね〜唸りますよ〜☆

こういうことを目の当たりにすると、

日付と日付の関係がどのように自分に関わってくるか、

そしてそれを自分でどう日常に活かしていくか

やはり、ここが大切だと痛感します。

“マヤ暦”と称してツォルキンに特化したアプローチをしていても(いろんな諸事情は別として)、その根っこの在り方がズレていなければ、それは愛と調和を生み出し、認め合う関係を築くことにつながると、私は考えます。

「正しさ」も大事ですが、私は「愛」「調和」「尊重」を選択します。

インラケッチ☆今日も素敵な一日を!

関連記事

  1. 【13の月の暦】11月7日☆KIN13/赤い宇宙の空歩く者

  2. 【13の月の暦】☆KIN150/白い共振の犬 GAP

  3. 【13の月の暦】12月8日☆KIN44/黄色い倍音の種☆魔術のカメの日…

  4. 【13の月の暦】11月26日☆KIN32/黄色い律動の人

  5. 【13の月の暦】☆KIN145/赤い月の蛇

  6. 【13の月の暦】12月1日☆KIN37/赤いスペクトルの地球

  7. 【13の月の暦】☆KIN94/白い電気の魔法使い

  8. 【13の月の暦】☆KIN60/黄色い銀河の太陽

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。