【13の月の暦】☆KIN85 GAP/赤い共振の蛇

2018.5.3 Todays calendar

【13の月の暦】kin85 GAP 赤い共振の蛇

こんにちは、ライフクリエイター山下千草です。
暦を活かして機嫌よく生きる。日常を整える。
いつも読んでくださって有難うございます。

Todays calender☆日々、下記について確認してみてくださいね。



『13の月の暦』の日付では
黄色い水晶の種の年
スペクトルの月2日 赤い共振の蛇 kin85 GAP

13の月は11番目の『スペクトルの月』
キーワード【解放】
私はどのように解き放ち、なすがままにさせるのか?

太陽の紋章『赤い蛇』

  • 生命力【Life Force】
  • 生き残らせる【Survives】
  • 本能【Instinct】

銀河の音7『共振の』

  • 調律【Attunement】
  • チャンネルする【Channel】
  • 呼び起こす【Inspire】

「青い嵐のウェイブスペル」の13日間(4月27日〜5月9日)

  • 自己発生【Self-Generation】
  • 触発する【Catalyzes】
  • エネルギー【Energy】
  • 自分のエネルギー自体が高まってくる期間であり、宇宙レベルでエネルギッシュな13日間☆
  • パワーがあり、インパクトが強く、ぐんぐん周りを巻き込む力
  • 青い嵐を高めるには、「プラスの思い込み」を持つこと!
  • 自己肯定、自己発生する愛のエネルギー
  • 放出(完全投入)することで、新たなより大きなエネルギーが大量に入ってくるとき

GAPキン(GAP=Galactic Activation Portal)
銀河活性化の正門が開く日(別名:マヤの機織り)
銀河エネルギーが降り注ぐ日です。

鍛錬・洗練の「第二の白い城」の52日間(4月1日〜5月22日)
「第一の城」でできたもの、蒔いたもの、始まったものが、本物になっていくために揺さぶられます。
内面を見つめていくための期間。


<kin85のメッセージ>
今日は、エネルギーを沸き立たせ、楽しいこと、好きなことに集中する日。
とことん自分の気持ちにこだわって、自分が本当に求めているものを思い描きましょう。


いよいよ今夜から群馬に向けて出発です☆
茨城、栃木あたりも

この辺りは、先日もお伝えしているのですが、
アストロマップにおいて、私にとっては冥王星のアセンダントラインです。

パワーがもっとも濃密に凝縮されるエリアです。冥王星の「変容」のパワー は、あなた自身にも周囲の人々にも深遠な変化を促します。あなたの中に潜 む、今まで気付かなかった一面を覚醒させます。無意識に抑え込まれていた ものが意識化され、その後の人生に影響を与えるようになるでしょう。

 

烈しさと情熱に特徴づけられるエリアであり、苦労やプレッシャーが人間と しての変化や進化を促します。自分自身の影の部分と向き合うことは避けられません。これまでの人生で培った思考や言動の枠組みを捨て去る覚悟があれば、人生の大きなターニングポイントを迎えることもあります。

いやホント、「今」だから行けるよね、と思うのです。

いろんな準備が整った「今」だからこそ、チャンスが訪れた際、その波にサクッと乗れた。

今までも何度かあったんですよ。

今回は松本良美さんのサロンにお邪魔するのだけど、、今までも他のことでもこのあたりが浮上しつつもスルーしてきているんですw遠いからという理由で。

2018年、自分をぶっ壊す!!!な勢いで、

本気で遊ぶ!!!

自分の満足
自分の理想
自分が心地いいと思える生き方

それらをとことん追求し、
その実現に向けて、
諦めずに、できることから一歩一歩
形にしていく

自我の追求から自己実現へ☆

GW後半ですね♪

お休みの方もお仕事の方も、

置かれた環境を味わってくださいね

よいGW後半をお過ごしください☆

インラケッチ☆今日も素敵な一日を

関連記事

  1. 【13の月の暦】☆KIN91/青い宇宙の猿

  2. 【13の月の暦】☆KIN124/黄色い共振の種

  3. 【13の月の暦】プラズマ「 LIMI(リミ)」の日に太陽神経叢と潜在意…

  4. 【13の月の暦】12月29日☆KIN65/赤い宇宙の蛇

  5. 【13の月の暦】11月20日☆KIN26/白い宇宙の世界の橋渡し

  6. 【13の月の暦】12月14日☆KIN50 GAP/白いスペクトルの犬

  7. 【13の月の暦】☆KIN76/黄色いスペクトルの戦士

  8. 【13の月の暦】11月15日☆KIN21/赤い銀河の竜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。