【13の月の暦】プラズマ「 LIMI(リミ)」の日に太陽神経叢と潜在意識の深いつながりを感じてみる

こんにちは、ライフクリエイター 山下千草です。

銀河ツール「 7:7::7:7 」
プラズマ宇宙モデルに基づきテレパシーの知覚的な秩序を確立する方法

13の月の暦において、毎月6、13、20、27は金曜日にあたります

毎週 金曜日のプラズマシンボルは「 LIMI(リミ)」
リミ の働きは「 Purify( 清める)」

心的電子と呼ばれます。

対応するチャクラは、体の下から数えて3番目
第3チャクラは太陽神経叢にあります。
「MANIPURA CHAKRA(マニピュラ・チャクラ)」

太陽神経叢はみぞおちのあたりにあります。みぞおちは「第二の脳」とも言われる自律神経の中枢。
悲しいときは、おなかもズンと重くなり、食欲がなくなる。心の動きも脳だけがやっているわけではなく、むしろ感情のかなりの部分は、おなかで起きていると言われます。

ところで、顕在意識が受け取った思考は、次に脳以外のところにいくようです。

第二の脳と言われる、太陽神経叢に送られるのです。

意識の約95%と云われる潜在意識は、太陽神経叢にあるようです。

私たちが普段使っている意識は、わずか約5%に満たないともいわれている、顕在意識です。意識全体の中で、自我の領域ともいわれています。「見えない世界」ですが、意識の表面として使っていることを自覚している領域が顕在意識。

その顕在意識の裏側に在る領域、意識全体の約95%以上といわれる潜在意識(無意識)。大いなる自己、真我の領域であるともいわれています

寝ているときに内臓が眠らずに、身体の新陳代謝を促しているのは、この潜在意識がちゃんと働いてくれているから。

思考は身体の中を伝達していく

カタカムナナビゲイターやぐみ☆ちゆまさんは

例えば、脳にある顕在意識で、「嬉しい」と思うと、その「嬉しい」という思いは、神経を通って、太陽神経叢に伝達されます。太陽神経叢には、潜在意識があり、記憶の貯蔵庫と云われるこの潜在意識に思考は貯蔵されていきます。

この太陽神経叢ですが、自律神経のかたまりであるがゆえに、脳の間脳といわれる部分との関わりや呼吸法とつながる、腹圧とも関係があります。

強い腹圧が掛かれば掛かるほど、太陽神経叢は冴えてくるようです。
太陽神経叢が冴えるということは、潜在意識も冴えるということ。

よく潜在意識を目覚めさせるには、呼吸法が大切といいますが、その理由はここからきているのかもしれません。

太陽神経叢を癒し、活性化すれば、潜在意識がスムーズに動き出すわけですね☆

 

Plasma 6 - LimiLimi – “I consume dualistic thoughts as food. I purify the mental electron at the north pole.”
<リミ>わたしは二元的な考えを食べ物として摂取します。北極で心の電子を浄化します。


LIMIのアファメーションにある、「二元的な考え」について

生命科学者柳澤桂子さんの著書「生きて死ぬ智慧」のあとがきより

私は、釈迦という人は、ものすごく天才で、真理を見抜いたと思っています。
ほかの宗教もおなじですが、偉大な宗教というものは、ものを一元的に見るということを述べています。
私たちは、自己と他者、自分と他のものという二元的な考え方に深入りしていきます。一元的な世界こそが真理で、私たちは錯覚を起こしているのです。

二元的な考えを食べ物として摂取するということは、

その違いを結びつけ、自己の統一をはかる

とよんでみました。

陰陽両極の違いを認めながらもそれを超越し、新しいバランスを見出す。

太陽神経叢のチャクラには、そんな力があるようです。

リミの日は、太陽神経叢と潜在意識についての深いつながりを教えてくれます。

 

関連記事

  1. 【13の月の暦】☆KIN141/赤いスペクトルの龍

  2. 【13の月の暦】☆KIN70/白い倍音の犬

  3. 【13の月の暦】10月31日☆KIN6/白い律動の世界の橋渡し

  4. 【13の月の暦】11月17日☆KIN23/青い惑星の夜

  5. 【13の月の暦】12月29日☆KIN65/赤い宇宙の蛇

  6. 【13の月の暦】☆KIN134/白い自己存在の魔法使い

  7. 【13の月の暦】ウェイブスペル(WAVESPELL)/波動魔法期

  8. 【13の月の暦】☆KIN126/白い太陽の世界の橋渡し

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。