フラワーエッセンスとは?アロマセラピーやハーブとの違い

フラワーエッセンスの誕生

フラワーエッセンスは、イギリス人医師であり、細菌学者、ホメオパスでもあったエドワード・バッチ博士によって、1930年代に確立されました。医師としての長い経験の中で、人が病気になる根本的な原因は心の不調和にあると考えたバッチ博士は、様々な感情に作用する野生植物を研究しました。そして37種類の野生の花と、1種類の岩清水からなる38種類のフラワーエッセンスを完成させたのです。
現在ではバッチフラワーレメディ以外にも世界中にはたくさんのエッセンスがあり、それぞれのメーカーによって特徴も違います。

アロマセラピーやハーブとの違い

アロマセラピーは、エッセンシャルオイルという花の香り成分を抽出した液体を用います。エッセンシャルオイルに含まれる様々な化学成分が、私たちの神経を刺激したり、あるいはトリートメントなどでは皮膚から浸透して、私たちの体に作用を及ぼします。ハーブ療法も植物に含まれる化学成分を、ハーブティーやハーブエキスとして体内に取り込みます。

一方フラワーエッセンスには、植物の化学成分は全く含まれません。フラワーエッセンスの作用は、成分的には計ることのできない花のエネルギーによるものです。

バッチ博士の発見

散歩の途中で植物の花びらについた朝露にヒントを得たバッチ博士は、日陰と日向の植物からそれぞれ朝露を集めて、自分自身に試してみました。そして日向から集められた露に自分の探していた癒しの効果があることに気づき、フラワーエッセンスを作るきっかけとなったと言われています。
バッチ博士は、清水を入れたガラスの器に花を浮かべ太陽光を当てることで、花のエネルギーが水に移り、朝露と同じような効果のある水ができることを発見しました。これがフラワーエッセンスです。

バッチ博士が作ったフラワーエッセンスは、全部で38種類あります。一つ一つのエッセンスが異なる植物から作られており、それぞれ異なる特徴があります。エッセンスの特徴は、どのような気持ちのときにとるとよいか、またどのような気持ちをもたらしてくれるか、という心の状態で表されています。

生命の波動

フラワーエッセンスは、自然界の中の花や植物、鉱物といった生物のエネルギー情報(波動)を水に転写し、心と体、精神の調和に活用します。

世の中に存在する生物は、全て固有の振動数(周波数・波動)を持っているといわれています。 これが「気」とか「エネルギー」といわれるものです。もちろん、私たち人間もそうです。 オーラというのは、私たちが持っているこの振動数、つまりエネルギー体のことを言います。

この「波動の原理」を利用して、お花のバランスのとれた波動を取り込むことで、私たちの心を癒していくのがフラワーエッセンス療法です。

お花の持つエネルギーが人々の感情に働きかけ、心のバランスを取り戻すことによって、自然治癒力をもたらし、心身を健康に導いてくれます。性格や現在の心の状態から、それにふさわしいエッセンスをとることで感情の乱れを改善する手助けとなるのです。

関連記事

  1. 月のエッセンス【イブニングプリムローズ】による内面世界の旅の終わり

  2. 月のエッセンス『イブニングプリムローズ』で内面世界を旅する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。