極性キンとは

赤い宇宙の月の年 磁気の月17日
KIN185 赤い電気の蛇

こんにちは、ライフクリエイター山下千草です。
暦を活かして機嫌よく生きる。日常を整える。
いつも読んでくださって有難うございます。


今日、2018年8月11日は、磁気の月17日 KIN185 赤い電気の蛇の日です。
今日は極性キンの日なのです。

マヤ暦を学んでいたとき、極性キンの日は「極めたことが広がっていく」と教えてもらいました。
ナルホドと感じる出来事もあったりで、その考え自体は好きで、今も意識して過ごしています。

13の月の暦、ドリームスペルにおいては、銀河の季節の中の流れの転換期。
リズムが転換するポイントです。

今日は極性KINについて書いてみたいと思います。


【DREAMSPELL】の第3部ドリームスペルお告げインデックスのP93-
極性キンとスペクトル・スピンに記載があります。以下抜粋。

キンの書で、極性地球家族の4つの部族は 4つの等しい部分の銀河スピン、スペクトル、銀河の季節と呼ばれるものをコード化する。

赤い銀河スペクトル:蛇の季節
白い銀河スペクトル:犬の季節
青い銀河スペクトル:鷲の季節
黄色い銀河スペクトル:太陽の季節

それぞれのスペクトルは、65キン、260キンの銀河スピンの4分の1に等しい。 これらの65キンの四半分それぞれは、4つの銀河の『季節』である。 それぞれの季節は、
根源元祖の変容的な力:黄色い火、赤い血、白い真実、青い空-を再現する。

キンの書で、4つの極性地球家族キンのそれぞれは、 銀河スペクトルの創造的な能力を特徴づける4つの役割の1つに4回現われる。

音3の極性地球家族は、4つの銀河スペクトルの1つを確立する。
音10の極性地球家族は、4つの銀河スペクトルの1つを拡張する。
音4の極性地球家族は、4つの銀河スペクトルの1つを変換する。
音11の極性地球家族は、4つの銀河スペクトルの1つを輸送する。

それぞれの65キンのスペクトルは13の色彩で構成されている。

音3は、20キン(4つの色彩)を確立する。
音10は、20キン(4つの色彩)を拡張する。
音4は、20キン(4つの色彩)を変換する。
音11は、20キン(4つの色彩)を輸送する。

4つの銀河スペクトルのそれぞれは、 運命の城の4つのウェイブスペルと置き換えることができる。 そこでは、1つのキンが、1つの5キンの色彩と等しい。

音3、4、10、11ではじまる4つの色彩は、 それぞれ運命の城のウェイブスペルのそれぞれの、 磁気の門、倍音の塔、太陽の塔、宇宙の門に対応する。

1つのスペクトル・スピンに対して52の5キンの色彩がある。 スペクトル・スピンは、銀河スピンの260キンを52キンへと圧縮する。 スペクトル・スピン開始の3・蛇が銀河スピン開始の1・竜と不連続であるために、 その圧縮された倍音は、1つの銀河スピンを次のそれへと縫い合わせる。 極性キン、白い犬は、1つの銀河スピンから別なそれへと交差するスペクトル・エージェントである。

スペクトル・キンの力を支える極性地球家族は、時間船地球上の位置を北極に持っている。 ここで銀河の呼吸の流入が受けられる。 南極は通路地球家族で守られ、太陽の排出がここで起こる。

虹の国家の最初のゴールの1つは、 4つの点の通路地球家族と、棒の極性地球家族とのあいだの関係を理解することである。 地球の虹の体の目に見える形での解放は、この理解次第である。 キニチ・アハウの銀河五度和音の響きは、この理解によって守られている。


はい、今日は音3の極性キンなので、スペクトル・スピン開始なのですね。
銀河の季節65日の季節の始まりです。つまり、今日KIN185は銀河の季節の始まり〜☆

赤い蛇の季節の始まり。「磁気の門」に入ったのです

ちなみに当ブログでは、極性キンの日は以下のとおり説明しています。

♢極性キン(Polar Kin)の日
4つの太陽の紋章「黄色い太陽/赤い蛇/白い犬/青い鷲」と銀河の音「3、10、4、11」とが組合わさる日のことを極性KINの日と呼ぶ。260日周期の中で16日ある。銀河の季節の構造の基礎。
260キンを4つの季節に分けたもの。 銀河の季節の中の流れの転換期。リズムが転換するポイント。

  • 赤い季節(蛇の季節=KIN185〜KIN249)
  • 白い季節(犬の季節=KIN250〜KIN54)
  • 青い季節(鷲の季節=KIN55〜KIN119)
  • 黄色の季節(太陽の季節=KIN120〜KIN184)

転換するポイント地点は、ウェイブスペル(波動魔法期)における「磁気の門」「倍音の塔」「太陽の塔」「宇宙の門」であり、そこを通過することでリズムが転換する、そんなポイントのKINナンバーの日。

 

こよみやさんは、

今日が銀河の季節の始まりということは、今日Kin185は、「銀河の立春」!!!
極性キンが気になっていた方は、
今日から、260日の銀河の四季を感じてみてください。

「立春大吉」!

と解釈されています☆

銀河の立春!!!素敵ですね〜☆

折しも今日は、獅子座で日食の新月を迎えます。

皆さん、このスペクトル・スピンもステキな時間をお過ごしください♪

 

関連記事

  1. 【13の月の暦】11月9日☆KIN15/青い月の鷲

  2. 【13の月の暦】12月13日☆KIN49/赤い惑星の月

  3. 【13の月の暦】☆KIN66/白い磁気の世界の橋渡し

  4. 【13の月の暦】☆KIN102/白いスペクトルの風☆魔術のカメの日

  5. 【13の月の暦】☆KIN167/青いスペクトルの手

  6. 【13の月の暦】7つの放射プラズマ

  7. 【13の月の暦】☆KIN109 GAP/赤い倍音の月

  8. 【13の月の暦】11月29日☆KIN35/青い太陽の鷲

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。