夏至の日に

こんにちは、ライフクリエイター山下千草です

2018年夏至の日の備忘録です

2018年6月21日夏至の日は、
13の月の暦では、水晶の月23日
テレクトノンでは、
パカル・ヴォタンとポロン・イクの再会の日♡
今日のガイドキンは「白い犬」
愛のエネルギーが導いてくれていました

ちなみに、パカル・ヴォタンとは、1300年以上前のメキシコ・パレンケの王様です☆

パカル・ヴォタンとボロン・イク

経験を積んだ、惑星の制御管理者であり、タイムトラベラー
時間の目に見えない側面を探検する二人の先駆的な協力関係は、銀河連盟全体で畏怖と尊敬の眼差しで見られていた。
二人が互いに恋人同士になる約束、開かれた未知の冒険領域のすべてで、互いに互いを愛する。
愛し合うことで惑星の制御管理に対する究極の挑戦を試みる。時間旅行をする恋人同士は、いまも顕在である。
二人はテレパシーと思いを形にする分野ではエキスパート。バビロン惑星を克服することで、私たちの愛は再び永遠に結び合わされる。

パカル・ヴォタンはあらゆる男性。
聖なる戦士の旅をする。あなたの中にいる男性。

ボロン・イクはあらゆる女性。
あなたの旅のヴィジョンを織り込むあなたの中にいる女性。地球と天王星をつなぐ。愛と時間のトンネルを掘るのを助ける。

夏至とは、陽極まりて、陰に転じる日☆

夏至の日って、太陽が蟹座に移動し、蟹座のシーズンに突入する日でもあるのですが、

基盤を作ったり、世話をしたり、大切な人を守ったりする
安全、家、衣食住、家庭、家族、母性、献身、、、
感受性、共感、思いやり、情愛、、、そしてルーツ、伝統、過去、古風なものetc…

こんなキーワードがあったりします。

その蟹座シーズン開幕ともいえる夏至の日に、私は自分のルーツである両親とバス旅に参加しました。
三重県の、緑深い茶畑の中にある、茅葺き屋根の素敵なお店で、自然を感じるロケーションで、旬のその土地の美味しいものをいただいてきましたよ♪

  

旬の美味しい懐石料理♡
炭火でじっくり焼かれた鮎の塩焼きの美味しかったこと!
土鍋で焚かれた、タコとズッキーニとしゃきしゃきのレンコンご飯!山椒がきいてて絶妙でした☆
ひとつひとつが、どれも素晴らしすぎる!

そして、宮川が一望できるロケーション☆

  

緑の濃い自然の中で、美味しいものを素敵な器でいただき、五感が刺激され、満たされましたね☆

幸せを感じる体感はその後もつづき、夏至というパワフルなエネルギーが降り注ぐ日でしたが、なんとも、あまりに穏やかで、多幸感溢れる一日となりました。

両親が一緒だったので、つまらないことで喧嘩しないだろうか?

という若干の心配は無用でしたね。

実は前日に、13の月の暦のテレクトノン講座を受けたのですよ。
そこで、自分が生まれた日の配置をつくってみたのです。
そこに自分の駒と両親の駒を置いてみて、そこからみえたもの、、、
学びのために両親を選んでくるとはいいますが、そこでみえたのは意外なことに「癒し」でした

面白いことに私と父の運命キンは、いずれも「赤い月」水星です。
ちなみに、まったく同じキンナンバーです。
これは“マヤ暦”では「同じ山を目指す人」と教えてもらいました。
ふたりの間に学びの関係があるわけではないけれど、同じ学びを選んできているのですよね〜

まさにそんな感じなんですよ、父とは☆

母は「白い鏡」で海王星です。 私は長らく、母とは“あわない”という捉え方で何十年もきていました。
全く相見えない。ドリームキラー。ラスボス。

そこには、“本当の自分”をおさえて生きてきたことによる、そこから生じる母との学びの関係性があったのですよね。

本当の役割で生きられていたら、「補完」「見識を広げる」としての関係がとっくに成り立っていたかもしれません。

ちょうど夏至の日の昨日、私がもっと私で在れば、母の「癒し」としての役割も稼働するのだと、今更ながら腑に落ちたのでした。

ただ、我慢せず、いい子にならず、何も言えないままで無かったことにしたりせず、今までそう出来なかった自分のこともまるごと受け入れ、癒し、本当の自分で、ありのままの自分で在ると決めたら、、、。

そしてそこから、それぞれの役割で生きられるようになると、関係性も活きてくるのだ☆

ちょうど夏至の日の翌日、つまり本日、水星と海王星の開きを迎えました。

開きとは地球を挟んで一直線に並ぶこと。

180度に並んだ自分と母との位置関係を眺めながら、そこにはもうラスボスとしての存在はいなくなっていました。

いよいよ私も新しいステージに入っていくときがきたのかな☆

何となく、、、ここからの変化の道程は、もう安心感と共に行ける気がするのです☆


伊勢宮川の里 鄙茅 (ヒナカヤ)
〒519-2167 三重県多気郡多気町相鹿瀬615
TEL 0598-39-8080

 

関連記事

  1. 蠍座木星期のフィナーレ☆辿り着いたのは?【前編】

  2. 7.28水瓶座皆既月食満月に想う☆回顧録

  3. 記憶の誤認

  4. 1.6山羊座新月“部分日食”と2019年私的マニフェスト!

  5. 蠍座木星期のフィナーレ☆辿り着いたのは?【後編】

  6. 日本における“マヤ暦”と私の捉え方、在り方

  7. 誕生日とは

  8. ヒーリングする日常

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。