【13の月の暦】ウェイブスペル(WAVESPELL)/波動魔法期


ウェイブスペル(WAVESPELL)/波動魔法期について

こんにちは。ライフクリエイター山下千草です。
波動魔法期(ウェイブスペル)についてです。

下記図を波動魔法期またはウェイブスペルと呼びます。

馴染みがある方で、ウェイブスペルと呼びますね。
ウェイブスペルは、13単位で一巡する時間の形を表します。
銀河の音1にあたる磁気の門から銀河の音13にあたる宇宙の門までの13単位をひとつの周期として、絶えず螺旋状に循環しながら続いていく、創造的なリズムを形作っています。
13単位の尺度が、あてはめられる時間の長さに応じて伸び縮みする可変的な時間の物差しになります。
面白いでしょ♪
「13の月の暦」の中で使われる主なウェイブスペルは、13日間、13週間、13ヶ月、13年間の4つです。

ちなみに「銀河の音」というのは「ー」や「・」で表されます。
1は「・」2は「・・」3は「・・・」
4は「 ・・・・」5は「ー」
6になると「ー」の上に「・」が乗ります。
7は「ー」の上に「・」が2つ、8は3つという感じで乗っていき
10は「ー」が上下に2本「=」になります。

冒険の波動魔法期(Adventure Wavespell)

波動魔法期(以下「ウェイブスペル」という)の13段階ごとに、特定のテーマやキーワードが割り当てられたものを「冒険のウェイブスペル」と呼びます。
そのテーマに意識を向けて物事を計画し実行していくことで、今まで無意識にしていたことを意識化させ、私たちのふるまいや行動を全体の中での必要性に応じて調整し動機させていく働きを持ちます。

ウェイブスペル=13日の土台、方向性

ちなみに今現在、2018年7月25日までは、13年サイクルの12年目円卓会議が開かれる「水晶」の年です。
7月26日から13年目「宇宙」の年の1年が始まりますよ☆
磁気的回帰、魔術の飛行に乗れちゃう1年がやってきます!

 

関連記事

  1. 【13の月の暦】☆KIN64 GAP/黄色い水晶の種

  2. 【13の月の暦】☆KIN116/黄色い水晶の戦士☆魔術のカメの日

  3. 【13の月の暦】12月23日☆KIN59/青い共振の嵐

  4. 【13の月の暦】12月1日☆KIN37/赤いスペクトルの地球

  5. 【13の月の暦】12月29日☆KIN65/赤い宇宙の蛇

  6. 【13の月の暦】11月23日☆KIN29/赤い電気の月

  7. 【13の月の暦】銀河の音

  8. 【13の月の暦】☆KIN112 GAP/黄色い銀河の人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。